全国日帰り手術.comでは、日帰り手術をテーマに患者さんに役立つ情報を発信しています。

高血圧を予防!血圧をコントロールする生活

日本で人口の3分の1が罹患しているというわが国の国民病でもある高血圧。
今回は、高血圧になる原因と、なりやすい人、血圧をコントロールするには何がポイントかについて解説していきたいと思います!

 

高血圧とは?

前回の記事でも紹介しましたが、もう一度高血圧がどんな病気かお話ししたいと思います。

血圧とは、血液が動脈を流れる際に血管の内側にかかる圧力のことです。
よく、血圧の「上」や「下」という言い方をしますが、上は心臓が収縮して血液を送り出したときの「収縮期血圧(最高血圧)」のことで、下は心臓が拡張したときの「拡張期血圧(最低血圧)」のことです。

収縮期血圧が140㎜Hg以上、拡張期血圧が90㎜Hg以上のとき、高血圧と診断されます。

 

成人における血圧値の分類

成人の血圧値は、以下のように分類されます。

収縮期血圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上の人は高血圧に該当されます。

全国日帰り手術.com

 

高血圧になりやすいのはどんな人?

高血圧の人の大部分は、血圧を上げる原因を特定できない「本態性高血圧」というタイプです。
腎臓や神経系などの何らかの遺伝的な異常に、塩分の摂りすぎや過食などの生活習慣・環境の要因が加わって起こります。

患者さんの数は少ないのですが、血圧を高くする明らかな原因があって高血圧になっている場合もあり、「二次性高血圧」といいます。
腎臓の病気や内分泌の病気などが該当します。
二次性高血圧では多くの場合、その原因となっている病気を治療すると、血圧が下がります。

では、本態性高血圧、いわゆる一般に高血圧と言われている人たちは、何を改善すればよいのでしょうか?

 

血圧をコントロールする生活

降圧目標=どこまで血圧を下げるのか

血圧をどの程度にコントロールするかは、医師が患者さんの年齢や合併症の有無などを総合的に判断して決めます。
一般的な目安は収縮期血圧と拡張期血圧がそれぞれ140/90㎜Hg未満ですが、後期高齢者では150/90㎜Hg未満とやや高めに設定したり、糖尿病や進行した腎臓病の患者さんでは130/80㎜Hg未満と低めに設定することがあります。

 

「減塩・減量が基本」といわれる理由

高血圧の治療では、まず生活習慣を見直すことから始めます。
そうしないと治療効果が上がらないばかりか、高血圧以外の生活習慣病や合併症が進行してしまうからです。
高血圧治療の目的はあくまで合併症を防ぐことで、血圧を下げるのはその手段に過ぎません。
塩分の多い食生活や肥りすぎを放置し、薬で血圧だけ下げたとしても、治療の意味は半減してしまいます。

一番のポイントはやはり減塩です。

塩分は水分を引きつける作用があり、そのため血液量を増やしますし、同時に血管を収縮させ血圧を上げます。
急に厳しい減塩に取り組むと続かなくなりますから、無理のない程度の減塩から始めましょう。
1日1gの減塩で収縮期血圧が約1㎜Hg低下することが報告されています。
外食時にどのお店も味付けが濃いと感じるようになったら、塩分控えめの食生活が定着してきたといえます。

 

からだを動かし、気分転換を

運動は、血管を広げて血行をよくし血圧を下げます。
また、減量やストレス解消にもよく、高血圧の治療には欠かせません。
ただし、急に激しいスポーツを始めるのではなく、医師の指導を受け、ウォーキング(早歩き)などの毎日気軽にできる運動から始めましょう。

精神的ストレスは、血管を収縮して血圧を上げます。
かといってストレスをすべて排除することなど不可能ですから、趣味や社会活動などの気分転換になる時間を作ってみましょう。
また、疲れた心を休めるため、睡眠は十分とりましょう。
寝不足は高血圧の原因の一つです。

 

お酒はほどほどに。たばこはぜひやめてください

アルコールは少量なら血圧を少し下げますが、飲みすぎると血圧が上がり心臓の負担も増えます。目安として、1日に日本酒で1合、ビールなら中ビン1本までがよいといわれています。
喫煙は血管を収縮させたり血管壁を傷つけ、動脈硬化の進行を早めるので、合併症の危険がより高くなります。

 

目標まで下がらないときには薬を服用

生活習慣を見直し、是正しても十分に血圧が下がらない場合は、降圧薬が処方されます。

降圧薬にはいくつかの種類があり、病状に応じて処方されます。
それぞれに服用の注意点などがありますから、医師や薬剤師の説明をよく聞いて、正しく飲み続けましょう。

なお、薬を始めると一生飲まなければいけないからまだ飲みたくない」という方がいますが、これは本末転倒な言い方です。

なぜなら「薬を飲まずにいれば高血圧が治る」わけではないからです。

高血圧は、自覚症状がなくても合併症が起こることがあり、その合併症を起こさないために薬を飲むのです。
ただし、人によっては薬を減らせたり、服用を一時中止できることもあります。

 

まとめ

高血圧は脳卒中、心臓病、腎障害など重大な病気の危険因子になります。

例え症状がなくても、検査などで高血圧を指摘されたら、きちんと治療しなければなりません。

まずはご自身の生活を振り返ることからはじめてみましょう。