全国日帰り手術.comでは、日帰り手術をテーマに患者さんに役立つ情報を発信しています。

高血圧チェック!健康な生活習慣を身につけよう

現在、日本では成人の3人に1人が高血圧と言われています。
高血圧は自覚症状なく進行し、脳卒中や心疾患など様々な病気を引き起こします。
ですが、高血圧は健康な生活習慣を心がけることで予防が可能です。

今回は高血圧になりやすい生活習慣をチェックしていきましょう!

 

高血圧とは?

前回の記事でも紹介しましたが、もう一度高血圧がどんな病気かお話ししたいと思います。

血圧とは、血液が動脈を流れる際に血管の内側にかかる圧力のことです。
よく、血圧の「上」や「下」という言い方をしますが、上は心臓が収縮して血液を送り出したときの「収縮期血圧(最高血圧)」のことで、下は心臓が拡張したときの「拡張期血圧(最低血圧)」のことです。

収縮期血圧が140㎜Hg以上、拡張期血圧が90㎜Hg以上のとき、高血圧と診断されます。

 

成人における血圧値の分類

成人の血圧値は、以下のように分類されます。

収縮期血圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上の人は高血圧に該当されます。

全国日帰り手術.com

 

高血圧になりやすいかチェック!

では、高血圧になりやすい生活習慣がいくつあるかチェックしてみましょう。

□濃い味つけのものが好き
□野菜や果物はあまり食べない
□運動をあまりしない
□家族に高血圧の人がいる
□ストレスがたまりやすい
□アルコール類をたくさん飲む
□たばこを吸う
□過去に血糖値が高いといわれたことがある
□炒め物や揚げ物、肉の脂など、あぶらっぽい食べ物が好き

チェックの数が多いほど、高血圧になりやすいので、注意が必要です。

どうでしょうか?思い当たる箇所はありましたか?

 

自分の血圧を知っておこう

高血圧は、自覚症状はないことがほとんどです。
そのため、定期的に血圧を測っていないと、高血圧を見つけることは難しいです。

高血圧を早めに発見するために、まずは、年に一度は必ず健診を受診して健康チェックをしましょう。

また、高血圧には、医療機関を受診したときだけ血圧が高くなる“白衣高血圧”、医療機関では正常なのに家庭での血圧が高い“仮面高血圧”など様々なタイプがあります。

そのため、健診だけでなく、普段の血圧を知ることも重要ですので、家庭で定期的に血圧を測定できたら理想です。

家庭で測定する場合の正常血圧の基準は、125/80未満です。

正常血圧より高めの人は生活習慣を見直し、改善しましょう。
また、家庭に血圧計がない人は、様々な機会(市の健康教室や健康相談、地域の健康祭りなど)を利用して意識して血圧を測るようにしましょう。

 

まとめ

高血圧にならないような健康な生活習慣を身につけ、高血圧のリスクを減らしておくことが大切です。

今日からできることを少しずつ増やし、健康的な生活に近づけていきましょう!