全国日帰り手術.comでは、日帰り手術をテーマに患者さんに役立つ情報を発信しています。

日帰り手術とは?意味やメリット、治療できる病気を解説!

近年、手術や麻酔方法、医薬・医療機器の目覚ましい進歩により、病院やクリニックに当日来院して手術を受け、その日に帰宅できる「日帰り手術」が可能になってきました。

全国で日帰り手術を提供する病院やクリニックは増加傾向で注目を集めています。

そこで、この記事では「日帰り手術とは」について特集します。

日帰り手術とは

日帰り手術とは短期滞在手術とも呼ばれ、従来は入院をして行う手術を1日(当日手術を受けて当日に帰宅する。もしくは翌日に退院する)で行い、治療することを意味します。

日帰り手術は手術の当日もしくは翌日に退院することができるため、従来の手術で必要だった入院による時間の拘束が大幅に短縮することができます。そのため従来の生活スタイルを崩すことなく手術を受けることができ、早期の社会復帰が可能とされます。

日帰り手術は日本では新しい治療法ですが、アメリカでは既に広まっており、アメリカのすべての手術の約7割が日帰り手術で行われています。

今後、その利便性の高さから日本においても日帰り手術が普及していくと考えられています。

日帰り手術で治療ができる病気

今後、日本でも普及が期待される日帰り手術ですが、どのような病気で治療が行われているのでしょうか。

各診療科において日帰り手術で治療している代表的な病気は下記となります。

外科:鼠径ヘルニア、痔
内科:胃ポリープ、大腸ポリープ
婦人科:子宮内膜ポリープ、子宮筋腫
泌尿器科:尿管結石
眼科:内反症、糖尿病網膜症、白内障
耳鼻咽喉科:慢性副鼻腔炎
循環器科:下肢静脈瘤、冠動脈疾患
形成外科:脂漏性角化症
整形外科:ばね指、靱帯損傷、半月板損傷
上記は日帰り手術で治療する病気の中でも代表的な病気であり、あくまでも一例です。
取り上げた病気以外でも、日帰り手術を行える病気は多くあります。

今後も医療技術の進歩によって日帰り手術が普及し、治療対象となる病気が増えていく可能性は高いです。

従来の生活スタイルを崩すことなく治療できる日帰り手術のメリットは大きいため、病気になった場合、その病気が日帰り手術で治療できるどうかを確認するとよいでしょう。

 

以上、この記事では「日帰り手術とは」について特集しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。