全国日帰り手術.comでは、日帰り手術をテーマに患者さんに役立つ情報を発信しています。

白内障とは?原因や症状、治療を分かりやすく解説!

  • 2020年10月2日
  • 2020年10月7日
  • 白内障

加齢とともに多くの方がかかる病気「白内障」。

では「白内障」とは、どのような病気?

この記事では「白内障とは」をテーマに白内障の原因や症状、治療などを特集します。

白内障とは

白内障とは、眼の中にある水晶体が加齢とともに白く濁って視力が低下してしまう病気です。

水晶体は透明で楕円の形をしており、眼の中でレンズの役割を担う器官です。外からの光を集めてピントを合わせる機能を持っています。

本来、水晶体は透明で正常にはたらくわけですが、何らかの原因によって白く濁ってしまい、外からの光をうまく集めることができなくなる場合があります。

この状態を白内障と呼びます。

白内障は加齢が原因であることがほとんどですが、外傷や薬剤をきっかけに発症することもあります。

白内障の原因

白内障の原因として最も多いのが加齢によるものです。

加齢によって起こる白内障のことを加齢性白内障と呼びます。加齢性白内障は白内障患者の7割以上を占めるとされています。

その他の白内障の原因としては、外傷をきっかけに発症する「外傷性白内障」やアトピー性皮膚炎、糖尿病など病気の合併症として発症する「アトピー性白内障」、「糖尿病性白内障」、遺伝的要因で生まれつき水晶体に濁りがある「先天性白内障」、ステロイド剤など薬剤をきっかけに発症する「薬剤性白内障」などがあげられます。

白内障の症状

白内障の代表的な症状は、視界が低下する、視界がかすむ、光をまぶしく感じるなどです。

白内障の原因となる水晶体の濁りには個人差があるため、その症状にも違いが生じます。人によっては上記の代表的な症状の他に、近視が強くなる、視界の形(もの)が二重に見える、暗い場所と明るい場所で見え方が異なるといった症状が現れることがあります。

白内障の治療

白内障の初期の段階の治療では、点眼薬や飲み薬による薬物療法を行います。ただし、この薬物療法は水晶体の濁りの進行を抑えることが目的で水晶体を透明に戻すことはできません。

白内障を完全に治す(根治)ためには、外科的手術を行う必要があります。

この外科的手術では、濁った水晶体を超音波で粉砕して取り除き、取り除いた水晶体の代わりに人工水晶体の眼内レンズを挿入する治療が一般的な治療法となっています。

 

以上、この記事では「白内障とは」をテーマに白内障の原因や症状、治療などを特集しました。

ご紹介した内容が少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。