全国日帰り手術.comでは、日帰り手術をテーマに患者さんに役立つ情報を発信しています。
CATEGORY

高血圧

高血圧|自己測定のポイント

検査の基本は血圧測定です。 血圧は時間と共にと変化していますから、現在では診察室よりも、同じ時間帯に同じ状態で測定される家庭血圧が、合併症を予防する上で重視されています。 今回は、「血圧の自己測定のポイント」について解説していきたいと思います。   高血圧とは? 前回の記事でも紹介しましたが、もう一度高血圧がどんな病気かお話ししたいと思います。 血圧とは、血液が動脈を流れる際に血管の内側 […]

高血圧|健康な人生を送るには

これまで高血圧についてたくさんの記事を取り上げてきました。 今回は高血圧について再度解説するとともに、健康な人生を送るには何ができるのかについていっしょに考えていきたいと思います。 今回は、「高血圧」について解説していきたいと思います。   高血圧とは? 前回の記事でも紹介しましたが、もう一度高血圧がどんな病気かお話ししたいと思います。 血圧とは、血液が動脈を流れる際に血管の内側にかかる […]

血圧とめまいの関係について

めまいや立ちくらみを感じたことはありますか? 実はめまいや立ちくらみは血圧と深い関係があります。 今回は血圧とめまいについて解説していきたいと思います。   低血圧症 特別な原因がなく、最大血圧(収縮期血圧)が、つねに90-100mmHg以下である場合を一般に低血圧症といいます。 低血圧では不定愁訴として「めまい」を訴えることがあります。 その多くは回転性めまいではなく「立ちくらみ」です […]

血圧を下げる食べ物、食事について

加齢が進むにつれて気になるのが高血圧。 最近の調査では、3人に1人は高血圧というデータも出ています。 しかし高血圧は自覚症状が薄いため、健康診断やかかりつけ医に指摘されても「大丈夫」と自分で判断し放置している方もいらっしゃると思います。   そこで今回は血圧を下げるのに最適な成分、それを含む食材等について解説していきたいと思います。   高血圧とは? 前回の記事でも紹介しました […]

高血圧は動脈硬化の危険因子

動脈硬化とは、血管の内側にコレステロールなどが付着して血管が狭く硬くなり、血液の流れが滞る状態のことをいいます。 動脈硬化の原因は、糖尿病や脂質異常症、高血圧症、内臓肥満、喫煙、加齢、遺伝など、様々です。 今回は高血圧と動脈硬化について解説していきます。   高血圧とは? 前回の記事でも紹介しましたが、もう一度高血圧がどんな病気かお話ししたいと思います。 血圧とは、血液が動脈を流れる際に […]

ストレスと高血圧の関係

温度の急激な変化によって血圧が急変動することで起こる健康被害「ヒートショック」のリスクは近年よく知られるようになりました。 ですが、意外と見逃されがちなのがストレスと血圧上昇の深い関係です。 今回はストレスと高血圧の関係について解説していきたいと思います。   高血圧とは? 前回の記事でも紹介しましたが、もう一度高血圧がどんな病気かお話ししたいと思います。 血圧とは、血液が動脈を流れる際 […]

見逃されると危険な「仮面高血圧」

診察室血圧は正常なのに、朝や夜、職場などで測る家庭血圧が高い場合を「仮面高血圧」といい、合併症のリスクは通常の高血圧である持続性高血圧と同じです。 本人は血圧が高い自覚がないため放置され、心筋梗塞や脳梗塞などを発症しやすくなります。 今回は、見落とされがちな仮面高血圧について解説します。   高血圧とは? 前回の記事でも紹介しましたが、もう一度高血圧がどんな病気かお話ししたいと思います。 […]

高血圧|減塩のいろいろ

世間では減塩が叫ばれ、テレビでも減塩食を扱った健康番組が多く放送されます。 ではそもそもなぜ減塩食が必要なのでしょうか? 塩分の摂取と高血圧には大きな因果関係があります。 今回は、減塩について解説していきたいと思います。   塩分摂取と高血圧の関係 塩辛い食事をすると喉が渇いた経験はありませんか? 塩分を多く摂取すると血液中の塩分濃度を下げる為に体が水分を欲します。 水分をたくさん摂ると […]

血圧が高くなる原因|二次性高血圧

高血圧のほとんどが原因不明の「本態性高血圧」であることが多いですが、中には原因があり、その原因を治療すれば完治する病気であることがあります。 今回は二次性高血圧について解説していきたいと思います。   高血圧とは? 前回の記事でも紹介しましたが、もう一度高血圧がどんな病気かお話ししたいと思います。 血圧とは、血液が動脈を流れる際に血管の内側にかかる圧力のことです。 よく、血圧の「上」や「 […]

血圧の基準値とは?診察室血圧と家庭血圧

診察室血圧よりも家庭血圧を高血圧の判定では重視するため、家庭血圧は正常であれば治療の必要はないと判断されます。 ただ、血圧は変動しやすいため、高血圧の診断は血圧の測定を数回行い、その結果をもとに診断されます。 今回は血圧の基準値と、併せて診察室血圧と家庭血圧について解説していきます。   高血圧とは? 前回の記事でも紹介しましたが、もう一度高血圧がどんな病気かお話ししたいと思います。 血 […]