全国日帰り手術.comでは、日帰り手術をテーマに患者さんに役立つ情報を発信しています。

糖尿病の診断基準について

生活習慣病の一つでもある「糖尿病」。

糖尿病の診断は、1~2ヶ月の血糖値の変動を反映したHbA1c値や空腹時や食後の血糖値などの検査値を組み合わせて診断します。

今回は「糖尿病の診断基準」について解説したいと思います。

 

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病は、血液の中のブドウ糖(グルコース)の濃度(血糖値)が高い状態(高血糖状態)が続く病気です。

放っておくと、さまざまな臓器に合併症が起こる危険性が高くなります。

 

私たちの食事の主食となる米やパンなどに多く含まれる糖質(炭水化物)は、小腸でブドウ糖に分解されて、血液の中に吸収されます。

 

この血液中の糖の値(血糖値)は、体の中の「インスリン」というホルモンの作用で、ほぼ一定の値に保たれています。

この血糖を調節する仕組みがうまく働かなくなり、血糖値が高い状態(高血糖状態)が続くようになってしまうのが糖尿病です。

 

糖尿病の診断基準について

1~4のいずれかに当てはまる場合は「糖尿病型」と判定されます。

1.早朝空腹時血糖値126mg/dl以上が確認された場合
2.75gブドウ糖負荷試験で2時間血糖値200mg/dl以上が確認された場合
3.随時血糖値200mg/dl以上が確認された場合
4.HbA1c 6.5%以上が確認された場合

全国日帰り手術.com

別の日に検査して再び1~4に該当すれば、糖尿病と診断されます。

ただし、初回検査と再検査の少なくとも一方で、必ず1~3の基準を満たしている必要があり、4のHbA1cのみの反復検査では糖尿病とは診断されません。

1回の採血で血糖値とHbA1cを測定した場合、ともに糖尿病型であることが確認されれば、1回の検査だけでも糖尿病と診断されます。

全国日帰り手術.com

 

HbA1cの特徴について

HbA1cとは、グルコースが赤血球内のヘモグロビンに結合したもので、1~2ヶ月の間における血糖値の平均値を示しています。

糖尿病は高血糖が続いている状態なので、HbA1cのように中長期的な血糖の状態を知ることのできる指標は、患者さんの状態をとらえるうえで非常に重要です。

 

ただし、HbA1cはグルコースとヘモグロビンが結合したものであるため、赤血球がどんどん壊れている場合(溶結性貧血を起こしている場合)では、糖尿病の状態を正しく反映しないので注意が必要です。

 

食後高血糖に注意!

健康な人であっても、食後の血糖値は食事前よりすこし高くなり、すぐに正常値まで低下します。

この食後血糖値の上昇の幅が通常よりも大きく跳ね上がり、なかなか低下しない状態のことを食後高血糖といいます。

食後高血糖がある人は糖尿病になる危険性が高く、また動脈硬化による合併症を起こしやすいことが分かってきています。

 

ただ、食後高血糖があっても空腹時血糖値には異常を示さない場合があるので、このタイプは健康診断では見つけることができません。

健康診断で空腹時血糖値は正常で、HbA1cがやや高いという場合には食後高血糖が隠れている可能性があります。

 

まとめ

糖尿病では、軽傷の場合には自覚症状はほとんどありません。

自覚症状は、ある程度病気が進行すると現れます。

少しでも症状を感じたら適切な検査を受けましょう。

 

今回は「糖尿病の診断基準」について解説しました。