全国日帰り手術.comでは、日帰り手術をテーマに患者さんに役立つ情報を発信しています。

糖尿病とは?糖尿病の種類

糖尿病は、すい臓で作り出されるホルモンであるインスリンの働きが低下することが原因で起こります。

このインスリンの作用が不足すると、ブドウ糖を利用できなくなり、血液中の血糖値が高くなります。

これを高血糖といい、この状態が継続してしまうのが糖尿病です。

今回は糖尿病について解説していきたいと思います。

 

糖尿病とは?

冒頭で解説したように、糖尿病は、すい臓で作り出されるホルモンであるインスリンの働きが低下することが原因で起こります。

糖分を含む食べ物は、唾液や消化酵素でブドウ糖に分解され、小腸から血液中に吸収されます。

食事によって、血液中のブドウ糖が増えると、すい臓からインスリンが分泌され、血液中のブドウ糖が筋肉などの細胞に送り込まれ、身体活動のエネルギーとして利用されます。

このインスリンの作用が不足すると、ブドウ糖を利用できなくなり、血液中の血糖値が高くなります。

これを高血糖といい、この状態が継続してしまうのが糖尿病です。

 

インスリンの作用が不足してしまう原因としては、

1.すい臓からのインスリンの分泌量が低下する。(インスリン分泌低下)
2.肝臓や筋肉などの組織でインスリンの作用が効きにくくなる。(インスリン抵抗性の発現)

の主に2つが考えられます。

 

これらは、遺伝などの体質以外にも、運動不足や食べすぎ、肥満といった生活習慣の乱れが原因で引き起こされると考えられています。

また、一度高血糖がおこると、血液中に存在する大量のブドウ糖がすい臓を障害してしまうため、さらにインスリンの作用が低下し、高血糖がさらなる高血糖を呼ぶという悪循環に陥ります。

これを糖毒性といいます。

このため、高血糖をそのまま放っておくとますます糖尿病が悪化し、様々な合併症を進行させてしまうことになってしまうのです。

 

糖尿病の種類

1型糖尿病

1型糖尿病は、インスリンを産生する膵臓のランゲルハンス島β細胞が主に自己免疫によって破壊されることで、インスリンが分泌されなくなる状態のことをいいます。

そのため、生きていくためには、注射でインスリンを補う治療が必須となります。

1型糖尿病の特徴として、若い方や痩せ型の人に多く、急激に症状がでて、糖尿病になることが多いとされています。

 

2型糖尿病

2型糖尿病は、インスリンが出にくくなったり、インスリンが効きにくくなったりすることによって血糖値が高くなります。

遺伝的な要因に加え、食生活の乱れや、運動不足、肥満などが原因で、インスリンの分泌量が減ってしまったり、インスリンの機能が弱まったりしてしまうのが2型糖尿病です。

「生活習慣病」や「メタボリックシンドローム」といった言葉があるように、日本人の糖尿病患者のおよそ95%は、この2型糖尿病です。

2型糖尿病は飲み薬や必要に応じて注射などで治療を行いますが、それと同じくらい食事や運動習慣の見直しが重要です。

 

その他の糖尿病

妊娠時はインスリンの働きを弱めるホルモンが胎盤から多量に分泌されるように糖代謝異常(糖尿病までの高血糖ではないものの、血糖値が正常より高い状態)になることがあり、これを妊娠糖尿病といいます。

また生まれつき遺伝子に異常がある方、肝臓に病気のある方、すい臓の病気に罹っている方が糖尿病になることもあります。

 

まとめ

すでに国民の1割以上が、糖尿病と診断され、予備軍も年々増加しています。

そんな中で、テレビや雑誌などでは、糖尿病予防や改善に向けた、さまざまな情報があふれています。

糖尿病の恐れがある場合、「糖尿病内科」「内分泌・代謝内科」などの診療科目を受診するのが望ましいでしょう。

今回は糖尿病について解説しました。